帯のセットで出す着物の買取サービス

日本人の民族衣装でもある着物は、普段から着ているという人はほとんどいなくなってしまったものの、今日では冠婚葬祭など特別な日には欠かすことができません。以前であれば、嫁入り道具の一つとして女性は自分のものを用意しておくというのが一般的だったので、母やおばあちゃんからおさがりをもらったことがあるという人もいるでしょう。いつかは活躍させることができるアイテムとなり、さらに高価なものでもあるので大切な人に譲ってあげたいという気持ちで贈ったものの、もらった本人としてはデザインが古臭く感じてしまったり自分の好みに合わないとなると、せっかくのいいものもタンスの肥やしとなってしまいます。
そんな時にも、買取サービスを利用してみれば、大切にしてくれる人に譲るきっかけにすることができるとともに、ちょっとしたお小遣いも手に入れることができます。

さまざまな種類が対象となっている

買取対象となっている着物の種類は、留袖や訪問着など活躍の場が多いものから、成人式のための振袖、卒業式のための袴も対象となっています。また、女性用だけでなく男性用や子供用も取り扱っている店舗もあります。お宮参りや七五三にはせっかくのお祝いだからと思って購入したものの、着るシーンがなかなかないと思っていれば子供の成長は早く、サイズが合わなくて処分に困るということもあるものです。しかし、売ることができれば何かとかかる子育ての費用に充てることができます。
リサイクルショップとなると、さまざまな種類が対象となっているので、家の中にある不用品も一緒にまとめて売ることができますが、専門的な商品になれば知識を持ったスタッフがいないので安く買い取られてしまう可能性があります。老舗ブランド物や作家ものなど高価なものであればなおさら、専門知識を持ったスタッフがいる専門買取店を利用すれば安心です。

着るために必要な小物も一緒に出す

着物は、洋服のように小さくたたむわけにもいかず、また年に一度は風を通してカビや虫食いの発生を防止させるなどの手入れが必要になりますが、面倒になって手入れを怠ってしまえばせっかくのいいものも台無しとなってしまいます。着ることもなく手入れにも自信がないのであれば、ダメージを受ける前に買取を利用するのが賢い選択となってきます。
買取店によっては、着るために必要な小物類も一緒に売ることができる店舗もあります。和装小物だけ自宅に残しておいても活躍させることは難しくなりますが、草履や和装バッグ、外側からは見えないものの着付けに必要な腰紐や帯枕、コーリンベルトや帯あげ、帯しめや襟芯などもまとめて処分ができます。ただし、肌に直接身に着けることにもなる草履と長襦袢、肌襦袢は、和服の下着の扱いにもなるので売ることができないというのが一般的です。

我が社では数多くの着物のお仕立ての実績があり、他のお店で購入された着物のお仕立ても受け付けています。 お仕立て上がり袋帯は2万9千8百円からです。 当社は、着物ファンの皆様に愛されるお店作りをモットーに、幅広い品揃えと温かい接客をこころがけています。 我が社では寸法直しを国内手縫いのみで丁寧行っており、価格も袖の身丈で30000円と特別料金になっています。 素敵な着物は「京都きもの市場」で!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加