着物を着る際の襦袢の選び方とは

着物は日本の伝統的な衣装として、結婚式や成人式といったフォーマルな場に着用することの多い装いです。身につけるだけで、背筋が伸びるような改まった気持ちになります。その一方で、最近ではフォーマルな場だけではなく、外出する際などにカジュアルに着るという若い女性も増えてきています。伝統的な柄だけではなく現代風のモダンな柄などもあり、そのデザインは様々です。また、生地の素材も様々で、絹もありますし、お手入れがしやすい木綿やポリエステル、ウールなどもあります。絹は肌触りが良いのが特徴で、高級品としてしられています。木綿は古くから普段着用に使われてきた生地で、気軽に着用することができるのが魅力です。ポリエステルは昔は安っぽいイメージがありましたが、現在では技術が向上し、手触りや肌触りなどが格段に良くなっています。

どういった種類や素材があるのか

着物を着る際に欠かせないのが、中に着用する襦袢です。下着代わりに着用するもので、表着として着ることはありません。いくつか種類がありますが、直接肌に触れるのは肌襦袢と呼ばれるものです。綿生地で仕立てられているものが多く、ちりめんなどで出来ているものもあります。細い衿がついていて、男性の場合には黒やグレー、茶色、紺色といった色がついています。女性の場合には、白やピンクなどが多くなっています。それから肌襦袢の上に身につける長襦袢もあります。柄が付いている物や無地のものなど、色々な種類があります。素材も様々で、絹や木綿、ウール、ちりめん、麻などから出来ています。着用する際には半衿を縫い付けておく必要がありますが、現在ではホックで留められるものもあります。

選ぶ際に気を付けたいポイントとは

長襦袢を着用する際には、着物の丈に合わせたものを選ぶ必要があります。衿部分や袖口、袂などからちらりと見えるのが特徴です。世界に数多く存在している民族衣装の中でも、下着を見せる着方はとても珍しいとされています。衿や袖口から見える色が違うだけで全体の印象ががらりと変わってしまうこともあるので、お洒落をするポイントにもなります。刺繍が施してある半衿や和柄の半衿を縫い付けると、首回りがとても華やかな印象になります。それから使われている素材も色々あります。例えば、麻は吸湿性や吸水性が優れているので、夏の時期に着るのに適しています。絹は高級品として知られており、肌触りなども良いとされています。ただ、絹の場合にはお手入れに手間がかかり、しみや汚れが付いた時などには専門のクリーニングに出す必要があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加