男物の着物の格と女物の場合との違い

着物は長着ともいい、格と呼ばれるものがあります。男物の長着は女物の長着ほど種類が豊富ではなく、格についても未婚者か、既婚者かによって別な種類になったりはしません。女性と共通するポイントは、織りの生地よりも、染めの生地の方が格が高いということになります。格が最も高いのは、黒紋付羽織袴で第一礼装ともいい、これは染めの長着となります。色紋付という準礼装の装いも染めの長着となります。裃などに使われる江戸小紋などの生地も礼装に使われますが、これも染めの生地となっています。また、例外もあり、同じ紬という織りの生地であっても、お召しと呼ばれる長着の種類は、別の紬の生地の長着よりも格が高いとされていて、準礼装として着ることができる色紋付と同じ格の長着として取り扱われます。

格式が高い場での和装の男性の装い

男物の第一礼装は、黒紋付羽織袴ですが、羽織とは、長着の上に羽織る和装の一種のことです。結婚式に参加する花婿や、新郎の父親、新婦の父親、近い親族、仲人などが着ます。羽二重という正絹の生地の長着と羽織に、五つの白く染め抜いた日向紋を施します。羽織紐、半衿、足袋の色は白で統一するのが正式な作法となります。様々な記念式典などの主賓にとっても相応しい格好となります。準礼装が相応しいのは、上品で整った格好をする必要がある結婚披露宴から祝賀会までの場面で、紋を背に施したお召しを着るのが適しています。披露宴に招待された人が着物で参加するときや、特別な会合などに敬意を表して参加したいときは、五つ紋が施された色縮緬か色羽二重の長着と羽織、袴という準礼装が適しています。半衿は必ずしも白でなくても良く配色を考慮して選んでも問題ありません。

男性向けの帯の種類と違いについて

帯は着物とは逆で、染めよりも、織りの方が格式が高くなります。白い糸を染めないで織り、できた布に色々な手法で模様などを染め上げる生地のことを染めの生地と呼びます。織られた後に染めるため後染とも呼ばれています。白い糸を染め上げてから織られた生地のことを織りの生地と呼びます。糸の段階で染め上げるため先染とも呼ばれています。男物の帯には兵児帯と角帯があります。角帯は長着を着た際に、腰で締めて、はだけないように留めるという機能的な部分と、男性の和の装いをお洒落に仕上げる表現的な面を兼ね備えている、とても大切な道具となります。昔から、角帯は兵児帯よりも格式が高い高い帯とされており、兵児帯より色柄の取り揃えも豊かで、普段着にも礼装にも対応できる柔軟性が高い男性向けの帯であるということができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加