着物に合わせやすいコートの特徴とは

フォーマルな服装をしなくてはいけない場合に、正装である和装を着用する女性は近年になって増えてきており、クラシカルなデザインをはじめ女性に人気が高いレトロ柄や華やかな柄、和装に合わせやすい小物なども多く販売されるようになってきており、昔に比べてより身近な衣装として人気が高くなってきています。 季節に合わせて和装も柄や素材などを切り替える必要がありますが、特に冬場は着物だけでは保温性が低いですし、雪などが降る地域では素材や足元が汚れてしまう恐れがあるため、専用のコートを着用するなど冬用の装備を考えることが大切になってきます。冬場も和装のおしゃれを楽しむためにも和装小物などを扱っている専門店の利用をすると、自分が気にいる商品を見つけることが出来ます。

和装に合わせやすいのコートの種類

一般的に着物に合わせるアウターというと、羽織りと呼ばれるカーディガンのようなスタイルの物を着用する事が多いです。着用期間は10月から翌年4月頃で室内でも着用したままで過ごすことが出来るので、冬場の保温性を高める効果を期待することが出来ます。戦前は丈が短いものが主流でしたが、戦後から今現在では丈が長めの羽織りが多くなっておりエレガントでセミフォーマル的な役割も担ってくれます。 和装に合わせやすい羽織ものには、ショールも挙げられます。普段使用しているショールを活用することが出来ますし、華やかな場所にはベルベット素材のショールを利用すると華やかな印象になります。 より保温性を高めるためには、ケープやポンチョ、和装コートが人気になります。和装用のタイプは背中周りや身幅も帯があることを考えて作られ余裕があるのが特徴となっています。

和装商品を購入するならオンラインサイトを活用

和装に合わせる専用のアウターを購入するためには、着物などを多く扱っている和装店を利用する方法が一般的になっていますが、地域によっては近くにお店が無いという方も少なくないですし、お店によっては品揃えが良くない場合も多いので、最近では和装小物などを色々取り扱っているオンラインサイトを利用する女性が増えてきており、自宅にいながら豊富な和装商品をチェックしたり、直接購入することも可能なので、手軽に利用することが出来る点が評価されています。 特にコートなどは、和装用には比較的ゆったりとした作りになっているため、フリーサイズ仕様として利用することが出来るため、体形などを気にせずに利用できるメリットがあるので、オンライン購入時もサイズ選びの失敗が少ないことが魅力となっています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加